リュウ整骨院・リハビリテーション・野球スクール・スポーツジム|大阪府熊取町

カラダの治療はもちろん、痛めない、衰えない、スリムなカラダをつくるトータルコンディショニング施設です

HOME ≫ お知らせ ≫

ブログページ

サッカーやバスケットボールなど色々なスポーツ障害で・・

サッカー
リュウ整骨院 熊取店は野球スクールを併設しており、野球だけに特化したスポーツ障害のイメージが大きいのですが、
幅広い治療経験や知識により色々なジャンルのスポーツ選手の方々にご来院して頂いています。
最近ではカラダの当たりが多いサッカーバスケットボールでのケガや障害でのお子様の来院が大変増えております。
スポーツに特化した病院から当医院を紹介いただけることも多く様々なスポーツの選手の方々が来院しております。
色々な症状にご相談、ご対応いたしますのでまた一度ご来院ください。。。
2019年04月19日 14:12

GW営業日のお知らせ リュウ整骨院熊取店

GW休み
GWの営業日を掲載いたしました。
30日、1日、2日は通常営業いたしますので、ぜひご来院ください。
2019年04月08日 10:44

イチロー選手、引退。。。

IMG_0372-1
昨夜、マリナーズのイチロー選手が引退を発表されました。
非常に残念で、寂しく、お疲れ様という思いです。。。
引退会見はイチロー選手らしく、重たくならないよう気遣いをされているステキな会見だと感じました。
今後のことが気になりますが、イチロー選手は子供たちの野球育成に興味を持たれているようでした。
当ベースボールスクール熊取店にもいつか来ていただけたら。。と願います^^

写真の「イチロー選手」のサインは10年ほど前に、当熊取店の妹尾がオリックスバッファローズの宮古島のキャンプに行った際に、
オリックスバッファローズとの交流があったため頂いたそうです。
当医院に飾ってますのでいつでも見に来てください^^
2019年03月22日 12:25

オリックスバッファローズ宮崎キャンプを終えて来られました

IMG_0293
3月4日、オリックスバッファローズ福田周平選手、山崎福也選手、宗佑磨選手の3選手が宮崎キャンプ後に当施設(リュウ整骨院 熊取店)に調整とトレーニングに来られました。

当医院の入り口入ったところの壁にサイン?? 直筆のお名前を書いていってくださいました^^

今後、からの活躍が楽しみです。。。
2019年03月07日 16:04

オリックスバッファローズ 福田選手・山崎選手・宗選手来店!

IMG_0112

先日、1月28日、オリックスバッファローズ福田周平選手、山崎福也選手、宗佑磨選手が当施設(リュウ整骨院 熊取店)に来られ、シーズン前の自主練習をされました。

福田周平選手は当リュウベースボールゴンディショニングスクール出身で幼稚園から中学卒業まで在籍され日々練習されていました。

小学校4年生まで当スクールのみで実力をつけられ、それからチームに入り活躍されていました。

当医院の妹尾がコーチをしていたことにより、オリックスバッファローズに入団されてからも当施設を度々訪れてくださいます。

この練習の後、キャンプに行かれるとのことでした。

今後の活躍が楽しみです。

2019年02月05日 11:46

野球選手になぜ長距離ランニングが必要なのだろう?

8

野球選手の長距離走は必要か
体力要素を効果的に鍛えるには体力要素を大きくると8つに分ける

1)筋力(筋肉が発揮する力)

2)スピード(筋肉が力を発揮する速さ)

3)パワー(筋力×スピード、いわゆる瞬発力)

4)敏捷性(方向転換を伴う動きの調整力)

5)柔軟性(筋肉・腱等の柔らかさ、関節可動域の広さ)

6)バランス(自分の身体を支えるバランス感覚)

7)全身持久力(心肺機能の強化、スタミナ強化)

8)筋持久力(筋肉を継続的に動かす力)

ランニングで足腰を鍛えるのが効果的か。

足腰を鍛える目指すのであれば、長距離走を行うよりも、坂道ダッシュやタイヤを使ったトレーニングを行ったり、ウエイトトレーニングで下肢筋力を鍛えたりすることのほうが効果的です。

長距離走は忍耐努力の精神修行

長距離走は、肺持久力は鍛える毛細血管を増やし疲労回復の目的で行いますが、筋持久力を目的とするのであればウエイトトレーニングが効果的だと言えます。心肺持久力を養成したいのであれば30m×10本×8セット、休憩15秒、セットの休憩5分のトレーニング方法(interval training)がより効果的でしょう。

しかし、成長期での中学生での持久力養成といろいろな書物で知られていますが、長距離走を意味しているのではなく心肺持久力・筋持久力を意味しているのであって、関節が出来上がっていない少年野球では、腰痛・関節痛・疲労骨折などを誘発させる恐れが大です。
指導者は、選手の体力差を考え、また年齢に応じたプログラムを作成することが必要です。

2019年01月12日 17:12

外野守備範囲16m~20m

ホームラン

外野の守備位置から猛ダッシュで走る。

しかし、このままでは捕球が難しい、エラーになる、ランナーがホームインされるなど頭をよぎる事しばしば・・・・途中でスピードを落とし安全に完全に補給をする。打者が打ったボールは約6秒、平均約3.5秒で地面に落下する。

ボールを目で追いながらダッシュするため全力走とは言えません。しかし、ボールの動きを読める選手はスピードを落とさず走れる。例えば100mを11秒台で走れる選手であれば3.5秒で全力で走れる距離は20m~25mと言われており、その8割の力で走れば直径16m~20mのエリアが守備範囲と言えます。しかし、100mが13秒台であれば守備範囲は大きく変わってきます。

   ただ単に100m走が11秒台であっても50m走は遅い選手は多くいます。陸上競技はスタートの合図は全員一緒ですが、野球はリードありの、駆け引きあり競技です。単に走るトレーニングを行えば良いのではなくスタートを入れた練習も必要です。また、野球には30m練習15m練習など瞬発力を意識した距離内容が重要です。リュウコンディショニングセンターではショートダッシュでもバリエーション多くすることにより、子供たちの集中力が増しタイムが飛躍的に向上しました。根性論でのグランド何周が本当にいるのでしょうか、特に骨が未完成の成長期の子供達に長時間のランニングを必要とするのでしょうか。

2019年01月12日 11:42

競技のトレーニング

野球イメージ写真

 プロ野球コーチ又はトレーニングコーチが高校・中学生・小学生に対しどの様なトレーニングを行うのか、またどの様なトレーニング頻度・負荷で行うのかは、全くの知識の違いがあり、プロ野球をを経験しているからBEST COACHとは言えません。 目的の第一は基礎体力の向上です。目標とする基礎体力を得る事が出来れば、競技力で特に必要とする項目を重点に行おう様にします。また基礎体力向上と共に専門的筋力の向上も行います。しかし、専門的な筋力向上には年間トレーニング計画が必要であり、段階的に筋力向上させていく事です。例えばその競技で必要とするパワーまたはスピードにはどのような力を持った筋力が必要なのがを考えます。

 野球で言えば投球スピード80㌔と140㌔の身体筋力差は大きく、また、その筋力は身体のどの分部に必要とするのか、など計画的に段階的に養う必要があります。また、➀筋肥大②筋力➂パワー④維持と年間トレーニング計画と共にワークアウト(トレーニング)を行います。しかし、競技を関係としない健康維持でのワークアウトはこの様な➀から④の段階は必要とせず、無理のない運動負荷から行う事が大切です。その前に運動慣れを目的とした低負荷での楽に運動を続けられると言う段階的な負荷、無理をしない事がコツとも言え大切な事です。

 大切なのは同じ競技力向上のトレーニングを行うとしてもプロ野球選手と高校野球選手と小学生の選手では運動負荷は当然のこと、運動方法及び年間トレーニング計画などが大きく変わってきます。プロ野球選手のは体が成熟しているが、高校生はまだ成長期です。プロ野球選手に高校レベルのトレーニングメニューでは故障します。しかし高校野球選手にプロ野球選手メニューを実践としたら危険であり故障します。プロ野球選手のトレーニングは目的の第一は衰えていくカラダを維持させることがトレーニングの最大目的であり、筋肉の質に注意を払います。しかし高校生は強い筋肉を作る前の土台づくりが特に必要です。

プロはプロへのカラダづくり、成長期は成長期でのカラダづくりがあることを知って下さい。

 リュウ ベースボール コンディショニングスクールでは、小中学生を対象に基礎から野球を学び正しいホームでの投球動作、バッティング動作を学べます。メンバーに入り活躍したい。高校野球の為に体をつくりたい。プロ野球を目指したいなど自分の夢を現実につるお手伝いをします。また、野球の前または後にプロと同じカラダのケアー、コンディショニングを整えます。(会員制)

 

2019年01月10日 16:15

捻り運動の大切さ!

胸

スポーツは捻り動作が中止とした動きが多く、ひねりや回転があればこそ強い力を発揮されます。しかし、捻り動作はカラダへの大きな負担になる事も事実です。

 強い捻り動作を行うためには広い関節可動域(関節が動く範囲)が必要となってきます。しかし、狭い関節可動域の中で大きな動きを作ろうとすると、別な関節部位(箇所)を痛める原因となります。

例えば股関節(足の付け根)は捻りや回転の動きは自由に動かすことが出来ます。また胸郭(キョウカク)と呼ばれる肋骨などの胸周りも捻りや回転の動きは可能ですが、腰は捻り・回転と言う動きはほとんどできません。

 股関節・胸の周りが固く可動範囲狭いと腰で、その代償分を補わなければならなくなり腰に無理な捻じりや回転が加わり腰への大きな負担となり、この負担が続くと怪我となります。

この様な原因で多く見られるのが中・高学生での年代で多く見られ『腰椎分離症』ます。特に野球は捻り回転の動きがほとんどで必要不可欠です。しかし大きな力を発揮する代償として無理な動きとなっていきます。ケガをしないよう日頃からの胸郭・股関節の運動メニュー、ケアーが必要です。

2019年01月08日 17:49

長距離走の練習はなぜ必要。①

7

長距離走を速くするには、インターバルトレーニングと言う練習方法で鍛えていきます。

そのインターバルトレーニングとは不完全休息運動の意味です。簡単に言えば100mを20本走るとして休憩を30秒間とりタイムを揃える練習方法です。

各休憩タイムのバラつきが無く一定の休憩タイムがポイントとなり、走る速さは自己ベストの約70%程度から始め、徐々に平均タイムをアップさせることにより持久力が増していき、結果的に持久力が向上します。

しかし、野球にそれほど持久力を必要とする場面があるでしょうか、しいと言えばピッチャーの肩などの筋持久力ではないでしょうか、外野のポジションを考えてみるとセンターの選手がライト線のボールを常に追いかける場面は一試合に何回あるでしょうか?。外野のポジションを考えれは左右各15m程度をいかにパワーで走れるかを要求されるスポーツではないでしょうか、2列に並んで掛け声掛けながらグランドまたは校庭を何周もする練習の目的は何を意味するのでしょうか?、しいと言えば忍耐・努力を養うための運動ではないでしょうか。

警察学校での重装備を着て、ヘルメットをかぶり炎天下の中で1時間の集団での行進を野球に必要と言えるでしょうか?、集団での精神面が団体スポーツとして必要であり、成長期に持久力が一番伸びる時期であると言う人も多くいます。

しかし、持久力が一番伸びる時期は中学生(スキャモンノ法則)であると言われていますが、持久力には筋持久力と心肺持久があり成長期で必要とするのは心肺持久力であり筋持久力ではなく、子供の骨はまだ完成されていなく筋持久力を目的とした練習内容では疲労骨折を起こす選手か多くなるのも現実です、再度検討して頂く必要があります。

 □ 炎天下の中、試合に負けたからと言って。

 □ 監督コーチが良しと言うまでのジョギング。

 □ マラソン大会で優勝を目指すような長距離トレーニング。

   □ 時間走など想い出、忍耐努力づくりのトレーニング方法が今の時代にマッチしているのか。

野球を上手くなるに本当に必要なのか再度考えてください。

成長期の子供たちの足が疲労骨折し、アキレス腱を切って、膝の靭帯を伸ばしてボロボロのカラダになって野球は本当に上手くなるのでしょうか?

指導者は野球練習にどの様な練習が必要なのか子供の汗を練習基準にしていないのか、指導者であれば指導方法を勉強する事が必要です。

経験のみで二昔前の巨人の星、流のトレーニングをいつまで続けるのか、早くワークアウトといえる練習が必要ではないでしょうか。

2019年01月07日 15:11
リュウコンディショニング 〒590-0457
大阪府泉南郡熊取町朝代1-3-13
072-451-3000
[営業時間]
整骨院
9:00~13:00 15:00~20:00
土曜日 9:00~13:00
リハビリ
9:00~13:00 15:00~20:00
ジ ム
9:00~20:00
野球スクール
17:00~

モバイルサイト

リュウコンディショニングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

友だち追加